トップへ戻る

あなたは普段こんなに腰に負担をかけている!?

2017/12/19(火)

 

あなたは普段こんなに腰に負担をかけている!?

 

慢性的に腰痛に悩まれているあなたへ、、、

 

 

あなたに少しでもお役に立てられる知識や情報を
お伝えしていければと思います。

 

 

 

先日勉強会に行って来ました。

歩き方や靴について学んできました。

 

 

これまでも歩き方や靴などについて、多く学んできましたが、
今回学んだことはこれまで一般的に
言われてきた常識を完全に覆す内容でした。

 

 

かなり革新的であり、健康寿命が確実に上がります!!

どこかのタイミングでお伝えできればと思います。

 

 

当院に来院されている患者さんには、早速お伝えしております。

 

 

 

 

では今回の本題に入ります。

 

 

普段あなたはどんな姿勢が多いですか?

知らず知らずのうちに、腰にかなりの負担をかけているかもしれません。

 

 

今回は普段の姿勢によって、腰の負担具合がどれくらい変わってくるのか、お伝えしたいと思います。

 

 

 

日常生活では、何気に色々な姿勢をとります。

 

 

ではどんな姿勢の時に、どの程度の負担が腰にかかってくるのか?

 

 

知らず知らずのうちに、負担がかかる姿勢に常日頃なっていないか、チェックしてみて下さい!!

 

 

下の図は各姿勢による腰への負担量を表した図です。

※立っている姿勢にかかる腰の負担量を100とした場合

 

 

 

図を見ての通り、寝ている際が一番腰への負担が少ないことが分かります。

※腰にやさしい寝方はこちらをどうぞ
 ↓↓

腰にやさしい寝方@

腰にやさしい寝方A

 

 

 

しかしどうでしょう。
立った状態での前屈み姿勢と、いすに座った時の前屈み姿勢。

 

 

皆さんの中には、

『座った状態で前屈み姿勢の方が、腰への負担は
少ないんじゃないか?』と思われていた方が多いのではないでしょうか?

 

 

現代ではデスクワークの方が非常に多くなっています。

長時間の座り仕事でお尻が前に前に移動し、猫座になったり、前屈みの状態になっている方が非常に多いと思われます。

 

 

さらには足を組んで前屈みだったり。

 

 

かなり腰に負担がかかるのは想像できますよね。

腰にやさしい座り方はこちらをどうぞ

 

 

そして腰痛をお持ちの方が一番やってはいけないこと。

 

 

それは、

いすに座った状態で重い荷物を持つということです。

 

立った姿勢の約3倍の負担が腰にかかります!!

 

 

心当たりのある方、、、

 

そして慢性的に腰痛に悩まされている方。

 

 

 

出来るだけ、いすに座って重い荷物を持つことは避けましょう!!

 

 

 

今回は以上です。

 

 

 

この内容があなたのお役に立てていればうれしい限りです。

 

 

 

 

他にもあなたのお悩みを少しでも解消できるよう、
お役に立てるブログを書いています。

ブログはこちらからどうぞ

 

↓↓

 

ブログを読む

 

 

 

 

 

アクセス・地図

痛みの窓口 まるめ接骨院へは「阪急 塚口駅」が最寄駅です。
アクセスはこちら

道順がご不明な場合は、お気軽にお電話にてお問い合わせください。
詳しくご説明させていただきます。


■住所
〒661-0002
兵庫県尼崎市塚口町6-20-1-101


■電車でお越しの場合
阪急神戸線「塚口駅」北口より徒歩15分
※阪急神戸線「塚口駅」北口から伊丹市営バスをご利用いただくこともできます。


■お車でお越しの場合
院の敷地内に駐車スペースが2台ありますので、ご利用ください。



HP   https://www.marume-sekkotsuin.com/
メール amagasaki@marume-sekkotsuin.com


店舗外観
診療時間

※ホームページを見られた方限定!