トップへ戻る

こんにちは。

 

腰痛、ぎっくり腰ならお任せください。
痛みの窓口 まるめ接骨院です。

 

 

『定期的にぎっくり腰を繰り返している。』

 

『腰痛で治療をしてもらってもすぐに元に戻ってしまう…』

 

『病院でレントゲンを撮っても手術に至るほど問題があるわけではない。』

 

『もう持病だからしょうがない…』

 

 

あなたはこんな経験をしたことはありませんか?

 

 

自分なりにストレッチをしたり、少しでも運動をと思いウォーキングをしたり、
サプリメントを飲んだり、お風呂にはゆっくり浸かったり…。

 

TVや雑誌などで、健康に関する情報を聞いては実践している。
自分でやれることはしっかりやっている…。

 

 

でもこの腰痛が良くならない。
『やれることはやっているのになぜ?』と、
こういうジレンマを感じたことがあると思います。

 

 

 

ではなぜ良くならないのでしょうか?

 

 

それは原因に対して、的外れなことをしているからです。
しっかり原因に対し対処出来ていれば、少しずつでも改善はしていくはずです。

 

 

では何が原因なのでしょう?

 

 

その原因はもしかすると
『インナーマッスル』にあるのかもしれません。

 

 

人の身体にはたくさんの筋肉が存在します。

 

実はこの筋肉が大きく腰痛や諸々の痛みに影響していることが多いのです。

 

筋肉にはアウターマッスルインナーマッスルの2種類が存在します。
それぞれ役割は異なります。

 

 

その役割は

 

アウターマッスルは体を動かすもの。
インナーマッスルは骨格を支えるもの。

 

ジムに行って重いものを持って、体を鍛える行為。
これはアウターマッスルを鍛えていることになります。

 

特徴として体を動かす働きがあるので、力はあります。
ですが、持久力がありません。(すぐに疲れやすい)
また自分の意思で動かすことができます。

 

 

ではインナーマッスルの特徴はというと、
力はあまりありませんが、持久力があります。
また自分の意思では動かせない筋肉でもあります。

 

 

ですから、自分自身で鍛えるのが非常に難しい筋肉といえます。

 

 

現代人の多くはこのインナーマッスルが弱いと言われています。

 

このインナーマッスルが弱い人は、姿勢が悪くなり猫背になりやすい特徴があります。

 

 

インナーマッスルがうまく働いていない人、もしくはあまりない方は骨格を支える力がありません。

 

ですから、アウターマッスルが骨格の支えまでやろうとしてしまいます。

 

つまりアウターマッスルが余計な仕事をこなすことになります。

 

 

先程も言った通り、アウターマッスルは持久力がありません。
疲労がすぐに溜まってしまい、筋肉はカチカチに硬くなってしまいます。

 

こうなってしまうと、柔軟性がなくなり血液の循環も悪くなります。

 

血液循環が悪くなることによって、疲労物質が滞り、十分な酸素を供給
することができず、痛みの化学物質が作られ、痛みがどんどん増してきます。

 

 

ではどうすればよいのか?

 

 

弱っているインナーマッスルをしっかり鍛え、体の幹の部分をしっかり安定させることが必要です。

そうすることでアウターマッスルが余分な仕事をすることが解消され、痛みが出にくい身体に変わっていくのです。

 

 

では『インナーマッスルを効率的に鍛える方法は?』というと

 

 

ズバリ、『楽トレ』です!!

 

 

楽トレについてはこちらをどうぞ!!
楽トレ

 

 

でも皆さんがインナーマッスルが原因なのかどうかはわかりません。
検査なしにはわかりません。

 

 

当院で一度検査をしてみてはいかがでしょうか。

アクセス・地図

痛みの窓口 まるめ接骨院へは「阪急 塚口駅」が最寄駅です。
アクセスはこちら

道順がご不明な場合は、お気軽にお電話にてお問い合わせください。
詳しくご説明させていただきます。


■住所
〒661-0002
兵庫県尼崎市塚口町6-20-1-101


■電車でお越しの場合
阪急神戸線「塚口駅」北口より徒歩15分
※阪急神戸線「塚口駅」北口から伊丹市営バスをご利用いただくこともできます。


■お車でお越しの場合
院の敷地内に駐車スペースが2台ありますので、ご利用ください。



HP   https://www.marume-sekkotsuin.com/
メール amagasaki@marume-sekkotsuin.com


店舗外観
診療時間

※ホームページを見られた方限定!